手軽に海で楽しめるシュノーケリング

誰でも楽しめるアクティビティ

沖縄県といえば、日本からはもちろん海外からも多くの観光客が訪れる観光スポットです。海が澄み切っていて美しいことから、シュノーケリングを楽しむために訪れる人も少なくありません。そもそもシュノーケリングとは、スノーケルという呼吸器を付けて水面を遊泳するアクティビティのことです。海中の魚をはじめサンゴなどの生き物、海底などを子細に観察して楽しめますよ。スキューバダイビングと混同する方が多いですが、シュノーケリングは海中に深く潜るのではなく海面を泳ぐので特別な技術が必要ではありません。泳げない人でもシュノーケリングベストを付ければ自然と水に浮かぶことができるので、年齢を問わずに手軽に安全に楽しめることが魅力といえるでしょう。

日焼け対策をしっかりしよう

沖縄でシュノーケリングを楽しむ際は、きちんと日焼け対策を行う必要があります。特に真夏の時期の沖縄は直射日光が強く、日焼けではなく火傷をしてしまう恐れがあります。シュノーケリングは海で楽しむ遊びなので、日焼けしないのではと勘違いしている人も少なくありません。しかし、シュノーケリングは水面に浮かんでいることが多いため、水面に反射した日光がまともに顔に直撃してしまいます。したがって、何も紫外線対策をせずに楽しんでいると、顔をはじめ首や背中などが真っ赤になってしまうこともあるのです。したがって、顔や首にはウォータープルーフタイプの日焼け止めクリームをこまめに塗ると良いでしょう。さらに、髪の毛も日焼けするのでフードのついたラッシュガードを着用した方が良いです。

西表島のツアーは海水浴や島内散策のほか、スキューバーダイビングなどの豊富なオプションが用意されています。